沖縄子どもの未来県民会議に寄付! 青年部会の社会貢献活動。

 〔右から大城県子ども生活福祉部長、川畑青年部会長、大城副部会長、手登根沖遊協事務局長〕
 
沖縄県遊技業協同組合(沖遊協)青年部会の川畑部会長、大城副部会長は、3月28日、県庁を訪れ、沖縄子どもの未来県民会議に37万6千円を寄付しました。寄付金は、沖遊協が社会貢献事業協賛金を募る目的で、毎年行っている「沖縄パチンコ・パチスロファン感謝デー」で造成したものです。
 青年部会は、活動方針のひとつに「地域社会との融和・共存を図るための社会貢献」を掲げて実践しています。
 今回の寄付は、「社会の一番の宝である子どもたちの将来が、夢や希望を持って成長していける社会の実現を目指す」という、沖縄子どもの未来県民会議の活動が県民運動として広がることを期待し、その一助になればとの願いを込めています。
 贈呈式に出席した大城玲子沖縄県子ども生活福祉部長は「寄付金は、児童養護施設の子どもたちへの給付型奨学金事業などに活用したい」とお礼を述べました。
2019.04.01

トピック一覧

80次へ

Control