首里城復興募金の贈呈式

〇沖縄県遊技業共同組合(新垣善彦理事長)は7月27日(水)、県庁に池田竹州副知事を訪ね、首里城復興に役立てて欲しいと55万8049円の寄付金を贈呈しました。2020年3月に100万円を寄付して以来2回目となります。今回の寄付は、2020年4月から2か年間、組合加盟の38店舗と事務局に設置した募金箱に集まった金額(お客様からの浄財)です。同贈呈式において新垣理事長は「パチンコ業界はコロナ禍で厳しい経営状況ですが、組合員は『経営と社会貢献は車の両輪』であるとの認識を強く持っており、今後とも地域のために、できることはしっかりとやっていきたいと考えています。首里城の1日も早い復興を期待しています。」と挨拶しました。また、池田副知事は「浄財は首里城の未来のために有効活用します。」と感謝の意を表しました。(写真は歓談の様子)
2022.07.29

トピック一覧

102次へ

Control